最新動物臨床栄養学の薬膳特別療法食

腫瘍には摂るべき栄養と避けるべき栄養があります。

  • 腫瘍には摂るべき栄養と避けるべき栄養があります。

    本能が求める熟成鹿肉は人間でも食べられる高タンパク、低脂肪です。犬の先祖の狼が一番好んで食べた鹿肉(丹波産)をメインに、牛肉、鶏肉、馬肉、豚肉の脂の少ない部位を厳選。人間が食べられる高品質な塾生鹿肉を惜しみなく配合しました。

  • ダントツの鹿肉パワー

    カロリー 1/3、脂質 1/100、タンパク質1.3倍、カルシウム2.6倍、エネルギーの供給源として脂質は高いほうが良い、しかし牛や豚の過度な動物性脂質は好ましくないため、高タンパク&低脂肪の鹿肉をメインに使用しました。牛や馬等と適量配合して植物性脂質アマニ油、の組み合わせで高脂質を実現。

  • 高オメガ3脂肪酸(青魚や雑節)

    煮干・雑節・魚粉などを配合して、アミノ酸のバランスを最適化。DHAやEPAを補給します。雑節に含まれるタンパク質は安全性、栄養バランス、消化率、アレルギー等さまざまな観点から見ても、牛や鳥、馬よりも犬にとって優れています。また健康な血管や循環系などの免疫力維持のために、優良タンパク質の雑節やゴマを配合しました。

  • 高オメガ3脂肪酸(亜麻仁油)

    亜麻仁油(あまにゆ)は動物性脂肪のラードやバターと違い、常温でも固まらないので、体内に入ってもさらさらな不思議な油です。臨床試験でさまざまな良い結果が出ている、必須脂肪酸です。

  • みらいのドッグフード【特別療法食(G)】 詳細続きはこちらをご覧下さい